スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

内装材の選択

09 11, 2011
9/5 先生と内装色について打合せをしました。



設計段階でおおよその内装色と材料を選んでおりましたが、
僕も、奥さんもどんな色で、どんな質感だったのかあやふやに…(笑)

先生も心配して、わざわざサンプルを持ってきていただき最終的な
選択の確認をいたしました。

一応、左下の茶色がマホガニー色の床材。
その右側の茶色が、キッチンやら食器棚やらAVボードの造作家具の色。
真ん中の白色が壁の色。
その上の灰色がフレキシブルボードの色。
真ん中の右側の小さな白色が、浴槽の色です。

明るい床の色にしようかなって思ってましたが、
やはり、おじいちゃんになっても住み続ける事を考えて、
落ち着いた色にしました。

奥さんは”高級そうに見えるから…”という単純な理由のみw

お互い好みの色味なので、このままで行きます。
本当は、無垢のザックリとした床材がよかったのですが、
予算の関係と床暖房対応との事で、これに決定です。


続いて、浴室のタイルの選定へ…。

IMG_5035.jpg

床が、滑り止め加工された細かいピッチのタイルで、(左側)
壁が、多少つやのある、やはり細かいピッチのタイル。(右側)
色はどちらも、白色で決定。


バスタブは、なにぶんスペース的にも1400mmしかないので、
選択肢がかなり限られておりました。

先生は、TOTOの”いものホーローバス”を進めてくれましたが…

いものホーローバス

奥さんも僕も、すごくスクエアなこのデザインが気に入っていたのですが…
浴槽だけで45万円って… ( ̄□ ̄;)!! (笑)
ちょっと、無理かなぁ…。(本当は、ちょっとではなく、かなり無理(爆))


イタリア製で、かっこよくて安いのないかなぁ~って
インターネットで検索しておりましたが、やはり、無いようです。(T∩T)

そもそも、外国製で1400mmの製品ってのが、ほとんど無いのです。


ようやく探し出したのが…

アクリルバス2

ドイツの”ヴィレロイ&ボッホ社”のアクリル製バス。なんと嬉しい事に、日本向けに1400mmをリリースしております。
しかも、お値段もお手ごろ d(≧▽≦*d)

輸入販売元のノヴァエンタープライズさんで、168.000円!!(・∀・)♬♬ これで、浴槽決定です。


最後に、外装に一部ガルバリウム鋼板が使用されるので、黒色を選択しました!
IMG_5034.jpg
一応、サンプルが4段あるうちの最上段の真ん中です。


そして、本日9/10.お仕事で近くを通りかかったので、進行状況を確認に現場に寄ってきました。

DSC_0374.jpg

ちょうど、お昼の時間でしたので、現場には誰もいませんでした。

DSC_0376.jpg

型枠の中に、ぶっとい鉄筋が組まれておりました。
早く、コンクリートの打設が始まらないかなぁ~っと思いながら…

一人でニヤニヤしてしまいました(笑)




ポチッとして頂けると更新の励みになります。
↓↓↓↓↓↓↓↓


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 建築設計事務所(施主)へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
0 CommentsPosted in 内装
プロフィール

龍虎

Author:龍虎
30代サラリーマンと妻、2歳をすぎた男の子との3人暮らし.「建築家との家づくりとイタリア車、育児、好きな物・事、オーディオ、日々の気持ちの変化」について書いていこうと思います

アクセスありがとうございます
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新記事
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。